今週は今年初のGⅠフェブラリーSが東京競馬場で行われます。今週監修担当は「高的中率」%「高回収率」の帝王『タカダ』今週もも【帯封乱舞&的中ラッシュ】確実の最強情報サイト【的中ヘラクレス馬券術】ご期待ください。

ヘラクレス馬券術の最新のお知らせ

メインメニュー

注目のデータ

注目のデータ

キャンペーンの参加予約をする

《重賞マスター・M真崎》の今週の重賞診断

皆さんこんにちは。今週は週末に行われるアメリカジョッキーCと東海Sを検証していきたいと思います。

【アメリカジョッキーC】

ブラストワンピースは超のつく大型馬でいつも調教はモッサリというパターンの馬でしたがそれでも一昨年は有馬記念を勝ちました。今週の調教ではそんなイメージを微塵も感じさせない物凄い動きを見せていましたので、ここにきてさらによくなっている予感がしますね。

ラストドラフトも悪くないです。休み明けを2度叩いてかなり状態が上がってきていますし明け4歳馬にしては数を使っていない分成長が期待でいます。鞍上はマーフィー。ブラストワンピースとは格が違いますが見せ場以上は期待できるでしょう。

ミッキースワローは横山典騎手とのコンビ復活。出来は引き続き平行線で状態は良好。後ろから行く馬ですのでこの頭数は歓迎です。ポツン最後方でも横山典騎手なら食い込み以上を期待したくなりますね。

【東海S】

インティがGⅠ馬らしい動きで前哨戦と言えどもある程度以上はしっかり仕上げっています。流れにさえ乗れればスピードの持久力はGⅠ級であるのは前走や昨年のフェブラリーSで証明済みです。今回の組み合わせなら正直格上的な存在ですが、強いて気になるところを探すのであれば右回りにあまり良績がないことでしょうか。

前走不可解な敗戦ともいえるエアアルマスですが絶好の動きです。前走は超のつく乱ペースにはまって破れましたが、あのようペースは稀です。スンナリなら負け返し必須の出来にあります。ただ、前走で変な負け方をしてしまったのでメンタル的にダメージをおっていなければ良いのですが。

穴っぽいところで面白いのがビルジキールという馬。追い込む競馬が板に付いてきてオープン入り。今回は間違いなくミドル以上のペースが予想されますので紛れがあれば差し込んでこれる出来です。

キャンペーンの参加予約をする

▼ ご登録はこちらより ▼

馬の画像 馬の画像

今週は今年初のGⅠフェブラリーSが東京競馬場で行われます。今週監修担当は「高的中率」%「高回収率」の帝王『タカダ』今週もも【帯封乱舞&的中ラッシュ】確実の最強情報サイト【的中ヘラクレス馬券術】ご期待ください。

ヘラクレス馬券術の最新のお知らせ